弁護士 青山知史(第二東京弁護士会所属)

【経歴】
中央大学 法学部 卒業
早稲田大学大学院 法務研究科 修了

【講師・講演等】
都内団体主催 わかりやすいマイナンバーセミナー(2015)
都内団体主催 労働関係に関する諸問題(2016)
新潟県弁護士会・奈良県弁護士会主催 学校交渉におけるノウハウ(2018)
東京弁護士会等の合同主催 事件処理研修会 自己破産(2019、2020)
都内企業主催 管理職における労務管理セミナー(2020)

【メディア掲載履歴】
てっくぷらざ『店長のための法律相談室』(vol.104、vol107)

【ご挨拶】
はじめまして。弁護士の青山知史と申します。

これまで、使用者側を中心に、解雇・復職・配置転換、労災事故、残業代等の各種未払い、その他の処分や条件の変更など、多様な労働問題を取扱ってまいりました。また、使用者側で各種の対応をしてきた関係から、労働組合との団体交渉やその後の法的手続きの対応,会社の破産再生に伴う解雇や退職の交渉等にも携わってきております。
このほかにも、就業規則や労使協定等の日々の労務関連の書面作成、社内で起きた労務トラブル対応のため、夜間休日での労働者交渉等も行ってまいりました。

こうした経験を活かし、企業内における、様々な業界における労働トラブルや、それを未然に防ぐための対応について、広くご相談にのらせていただきます。

また、こうした使用者側で労働問題を扱ってきた経験を活かし、労働者側においても、不当な解雇や復職拒絶、雇止め、不合理な支払い拒絶、労災やハラスメント等に基づく損害賠償請求等の案件にも携わってまいりました。
労働者の立場から見れば、金銭や会社の籍の問題などは、直接的に生活にかかわるものですので、早期解決に向けた対応を一層強く心がけております。

このように、培った経験を活かし、皆様のお困りごとに対するご相談やご依頼に対応をさせていただきます。お悩みのことなどがあれば、労働者・使用者を問わず、気軽にご相談いただければと思います。

【これまで扱ってきた業種等】
金融業、建設業、不動産業,製造業、販売業(商社等を含む。)、IT業、旅行・宿泊業、運送業、サービス業(飲食や理美容を含む。)、医療機関,研究機関、学校法人、芸能関係、報道関係、公務員等